セフレとの付き合い方

セフレと円満に別れる方法

更新日:

セフレの人数は多い方が楽しめますが、連絡の回数も多くなり、面倒になる場合もあります。
また、本当に好きな人が出来た場合や、より良いセフレが出来たため別れたいと感じることもあるでしょう。
割り切った関係であるからといって、突然連絡を絶つ、拒否をすることは失礼です。
そこで、セフレに対して未練を残さず、簡単に別れる方法を紹介します。

トラブル防止の為に自然消滅を狙う

日常生活に支障をきたさない存在であれば、無理に別れる必要はありません。
キープという形で、スマートフォンに連絡先を残しておいても良いでしょう。
しかし、問題のあるセフレとは、何も考えずすぐに別れを決断すべきです。
「問題のあるセフレ」とは、セフレであるのにも関わらず束縛をしてきたり、嫉妬をする女性。
セフレとは、互いに束縛などしないという事が暗黙の了解で成り立っている関係です。
感情が無いからこそ、体の関係だけを楽しむことが出来ます。
どちらか一方が恋愛感情を抱いたり、セフレではなく恋人になる事を望んだ場合には、セフレ関係を終わらせるべきでしょう。
割り切った体の関係であるからこそ、トラブルが起こらないのです。
感情が入ったセフレは、必ずトラブルが起こります。
この様に、感情が入っていると思われるセフレとは、すぐに関係を解消しましょう。
恋愛感情がある事などを告白された場合には、お断りをすることで別れることが出来るでしょう。
言葉にはしないものの、トラブルを起こしそうであると感じた場合は自然消滅を狙う事がおすすめです。
直接話し合うよりも、連絡を絶つことが良いでしょう。
自然消滅を狙うのであれば、自分から相手へ連絡をする事をやめます。

しかし、自然消滅を狙っている段階であるため、LINEのブロックなど完全に拒否はしません。
相手からも連絡が来ないようであれば、自然消滅は成功です。
長い時間を経ることで、互いに環境が変わりセフレ関係が復活する日が来るかも知れません。
それまで連絡先を残しておいても良いでしょう。勿論、消去してしまっても問題はありません。
ただし、無視をしても相手から連絡が来るようであれば、短文で返信するなど冷たい態度でさりげなく拒否をしましょう。
相手の女性も、基本的には体の関係を持ちたくて連絡をしてくるのです。
会う事が出来ないのであれば、多少の恋愛感情があったとしても連絡は来なくなります。

好きな女性の存在をアピールする

必要以上に執着してくるセフレの場合、自然消滅を狙う事は危険。
強い恋愛感情がある場合には、動画や写真を撮影していたり、リベンジポルノで脅されるなどといった事もあり得ます。
また、ストーカーや嫌がらせといったトラブルに発展する可能性もあるため、慎重に別れましょう。
相手を逆上させずに、適度な関係のまま終わらせるためには、少し時間が掛かります。
おすすめの方法は、「好きな人が出来たため一旦セフレ関係を休止したい」と伝えることです。
別れるというワードではなく、関係を休むという事を提案しましょう。

当然、自分から連絡をすることは止めます。
相手からは度々連絡が来るかも知れませんが、「最近、好きな人と良い感じ。もう少しで落とせそう。」など、さりげなく好きな人との関係が良好である事を伝え続けましょう。
相手の女性が「セフレ以上の関係にはなれない」と感じさせると同時に、会う事が出来なければ気持ちも離れて行きます。
注意点は、強く拒否をしたり無理に別れようとする、または突然連絡を絶つことは危険です。
執着心の強い相手であればトラブルになる可能性が高いため、時間をかけてでも円満に別れることを意識しましょう。
円満に別れるコツは、自分の感情だけで行動をせずに相手の気持ちにも合わせるという事です。
基本的な事ですが、相手を傷つけないように配慮し、気持ち良く別れましょう。

セフレとの理想的な別れ方

相手に対して執着をしたり束縛をしたりせず、良い関係を築いてきたセフレとは、自然消滅などではなくしっかりと別れましょう。
体の繋がりがあり、時には寂しさを埋め合うこともあったはずです。
互いに良い関係を築いてきたのであれば、最後まで良い関係で終わらせましょう。
別れたい理由を包み隠さすに話します。

飽きてしまった等が理由である場合は、相手を傷つけないような理由を考えておきましょう。

好きな人が出来た、仕事に集中したいなどの理由で良いのです。
これまで良い関係を築いていた相手であれば、詮索したり引き止めたりといった事はしないでしょう。
笑顔で、円満に別れることを意識するという点が大切です。

-セフレとの付き合い方

Copyright© セフレを作る方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.