セフレとは

セフレと彼女の違い

更新日:

彼女がいる男性は、セフレなど居なくても十分に満足出来るはずだと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、セフレと彼女では大きな違いがあるのです。

主な違いを紹介します。

セフレが居る場合は、当てはまるかどうか確認してみてくださいね。

体の関係がなくても会えるかどうか

セフレは、割り切って体の関係を持つ相手です。
自分が会いたい時に連絡をして、予定が合えばホテルや自宅で関係を持つというもの。
つまり、セフレはセックスをしなければ会わないという事が前提の関係なのです。
人肌恋しいと感じた時に誘うなど、自分の希望した時に誘いやすい相手。
暇な時にしか誘い合わないものです。

セフレから連絡が来た場合、当然に体の関係があるものと思い会いに行きます。
ただし、セフレであっても、1度や2度であれば、体の関係を持たずに会う事は可能かもしれません。
しかし、それが続くと誘われる方は不審に感じるでしょう。
「自分に気があるのでは」と感じ、セフレとしか見ていなかった場合は関係を解消されるはずです。
恋愛感情があるなどとセフレに勘違いされることを恐れるため、体の関係無しに会うというケースは少ないでしょう。
彼女であれば、当然体の関係がなくデートのみで終わる日もあります。
体の関係を持たなくても誘う、誘ってもらえるという点に違いがあるのです。
また、人肌恋しい、性欲を発散させたいといった理由ではなく、純粋に「会いたい」と感じます。
会う際に自分が持つ感情の面で、大きな違いがあるでしょう。

尽くしてくれるかどうか

彼女は、自分のことを第一に考えて尽くしてくれるでしょう。また、男性も尽くすはずです。
精神的な支えになる、大変な時には気にかけたり、心配するという感情を持つもの。
仕事が忙しい時には心配をしたり、励ますような言葉を掛けあいます。
体調を崩せば看病をするなど、尽くし、尽くされることが当然の関係です。
体の関係を持つ際にも快感を得て欲しいと感じて尽くしてくれますし、自分も尽くすでしょう。
彼女は、互いのことを想った関係を築くことが出来る相手なのです。

しかし、セフレとは尽くす、尽くされるという関係を築くことは出来ません。
仕事が忙しく、大変な時に支えになってくれる存在ではないのです。
風邪を引こうが、仕事が忙しかろうが心配をし合うこともありません。
適当に「大丈夫?」「大変だね」などと声を掛け合う事はあるかも知れませんが、自分から「支えになりたい」などと感じることは無いでしょう。

あくまでも、特別な感情のない相手となります。
これは、体の関係を持つ際にも同様です。好みのプレイに応じてくれるからという理由で、尽くしてもらっていると勘違いをしてしまう男性も居るのではないでしょうか。

尽くしているのではなく、単純に体の相性が良くプレイの好みが同じというだけです。
もしも尽くしているとすれば恋愛感情がある証拠であり、セフレ関係に支障をきたします。
相手のことを想って尽くしているという事とは、大きく異なるでしょう。
男性も、セフレに快感を得て欲しいと感じて尽くすことは無いはず。
この様に、相手のことを想いやる気持ちを抱かない相手がセフレです。
自分が自然と尽くしたいと思う相手、尽くしてくれる相手が彼女であるという点に違いがあります。

許せるかどうかの違い

例えば、意見が衝突した際、彼女であれば仲直りをして関係を戻す事を考えます。
彼女が謝れば許し、自分から折れて謝ることもあるでしょう。

しかし、衝突する相手がセフレの場合は、全く異なります。
どれほど体の相性が良かったとしても、仲直りをしようとは思いません。
そのため、セフレ関係を解消させて別のセフレを作るケースが多いです。
また、セフレが謝ってきたとしても許さない場合が多いでしょう。
許せるかどうかという点では、彼女が自分にとって嫌な事をした場合、基本的には許すことが出来るはずです。

これも、セフレの場合は許せないでしょう。セフレ関係を解消するはずです。
彼女には広い心で接することが出来ますが、セフレが相手になると自分の気持ちが最優先となるため、意見を聞き入れることはありません。
セフレが正しいことを言っていたとしても、自分の意見を通そうとします。
体の関係のみであり、セフレに対しては恋愛感情がないためです。
自分の考え方とは異なる部分があったとしても、1つの意見として聞き入れるでしょう。
セフレに対しては、自分を良く見せたいという感情や、大切にしなければならないという感情が無いのです。
これらを見てみると、セフレと彼女には精神面で大きな違いがあることが分かりますね。

-セフレとは

Copyright© セフレを作る方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.